ヒューリスティックとは

ヒューリスティックとは株式投資に役立つ心理学プリント

行動経済学でいうヒューリスティックは、日本語では簡便法や発見法、または近道などといわれます。

ヒューリスティックは問題を解決するときに、はっきりとした手がかりがない場合。
本質的な問題解決を目的とせずに、とりあえずその場の都合に合わせて対処していく方法です。

ヒューリスティックの有効性

かの有名なアルバート・アインシュタインは、ノーベル賞を受賞した1950年の論文で、「不完全ではあるが役に立つ方法」とヒューリスティックについて述べています。

また数学者G・ポリアはヒューリスティックを「発見に役立つ」という意味で用いました。

さらに数学的な問題解決においても、ヒューリスティックが有効であることを示すために、一冊の書物を書いて世に出したのです。

アルゴリズムの例

107773
ヒューリスティックに対比されるのがアルゴリズム。

ヒューリスティックが便宜的な方法だったのに対して、アルゴリズムは厳密な解を得るために手順を踏んでいく方法です。

アルゴリズムのわかりやすい例として、三角形の面積を求める公式があります。

三角形の面積=(底辺×高さ)÷2

公式に当てはめれば、三角形の面積は必ず求めることができます。
このように手順を踏んで解を求める方法を、アルゴリズムといいます。

ヒューリスティックの欠点

ヒューリスティックには、ある程度満足のいく回答を素早く出せるという利点があります。

しかしヒューリスティックによる解法は完全ではないので、ときには大きな間違いを生み出してしまうこともあるのです。

その理由の一つとして、私たちが確率の理解がきわめて苦手なことがあげられます。

「人間は、確率を注意深く計算するように進化していない。そうしなければならないような差し迫った必要はなかったからだ」

進化心理学者ロビン・ダンバー

確率の判断

私たちが使う確率という言葉は、「可能性」や「見込み」を意味します。

それらの確率を求めたい場合は、何かしらの根拠に基づき客観的に判断する必要があります。
しかし私たちは直感による主観的な判断をすることが多いです。

そのような主観確率は果たして正確といえるでしょうか?

行動経済学の第一人者であるカーネマンとトヴェルスキーは、人が確率について判断を下すときにはいくつかのヒューリスティックを用いるが、それによって得られる判断には「バイアス」が伴うことを明らかにしています。

行動経済学でいうバイアスは先入観や偏見、心の傾向のことをいいますが、これこそが人々に非合理的な行動をとらせる元凶ともいえます。


広告

「ヒューリスティックとは」への17件のフィードバック

  1. ピンバック: Arie Baisch
  2. ピンバック: Beverly Bultron
  3. ピンバック: MILF Porn
  4. ピンバック: Cory Chase MILFCity
  5. ピンバック: buy-premium-domains
  6. ピンバック: Student Assignment Help
  7. ピンバック: Assignment Help Online
  8. ピンバック: personalized baby gifts
  9. ピンバック: organic healing
  10. ピンバック: valentine gift for her
  11. ピンバック: Click Here
  12. ピンバック: Click Here
  13. ピンバック: Click Here
  14. ピンバック: Click Here
  15. ピンバック: Click Here
  16. ピンバック: Click Here
  17. ピンバック: Click Here

コメントは停止中です。